飴菓子

 

飴というと、現在ではお菓子の一種として認識されていますが、昔は調味料としての役割、

つまり、甘味料として使うことが多かったのです。

また、甘い食品が貴重であった事から薬や珍味の様なあつかいもされていたようです。

『日本書紀』にはすでに「あめ」が登場していますが、この「あめ」は水あめの事です。

同書が編纂された720年には、既に飴が存在していたことになります。

固形の飴が出回るようになったのは江戸時代です。

この頃になると砂糖も高級品ながら一般社会とは無縁のものではなくなり、

それに伴い飴は完全にお菓子として扱われるようになりました。

飴売りという職業もあらわれ、子供たちの人気を集めたようです。

まさに飴は日本古来の伝統的なお菓子なのです。

先代が活躍する明治時代の頃は、七輪に石炭を乾留(蒸し焼き)した燃料を入れて

火を起こし、原料を入れた銅鍋をのせて煮詰めた事から飴作り職人の事を

鍋屋と呼んでいました。

平成の現在、燃料は重油に代わり蒸気による煮詰めにと変化をしていますが、

飴作りの情熱は何ら変化していません。

今日ではお客様の嗜好も日々変化しています。

日の菊商店では、昔ながらの飴玉も大切にしつつ、現在のニーズにお応えできる

キャンディ作りも心がけています。

Copyright(c) 2013 All Rights Reserved.